学ぶ=真似る?


5月6日(木)のスクールの様子です。

Kクラス

今回は、4月に雨天中止の日があった為、木曜のスクールとなりました。

・おにゴッコ

・ミニコーン,マーカーを交互に触って且つ競る

・コーン(中)を1列に並べて、競る

・ゲーム

・シュート練習

まず始めにオニゴッコでアップです。クラブから、タクマチャの二人が参加してくれました。

まず、クラブの二人を皆で、つかまえる「オニごっこ」をやりました。

二人とも空気を読んでくれ頃合いを見て、つかまってくれて、そういった感じも本当ありがたい

タクマチャ、サンキューだ!!

次に、ミニコーン、マーカーをランダムに置いて、それをコーチの言った順番に触って反対側に

置いたコーン(大)を回って帰ってくるという練習(競走)をやりました。

スクール生も競走となると、負けず嫌いを発揮していました

タク、マチャの競走は迫力アリアリの白熱したものでした

次のコーン(中)を1列に並べて、競る練習では、直前に行ったものよりボディコンタクトが

激しくなる練習です。ヨーイドンから2、3歩が勝負で、そのあと追い抜くのは難しいので、

最初が肝心です。

シュート練習では、みんなガンガン撃ってきていました。スクール生も、負けじとガンバって

いました。

Bクラス

Bクラスでも、アップはオニごっこで始めました。なにやら人数が増えて、賑やかになってき

ました。ワイワイガヤガヤやっていました。

次に、1対1対1を行いました。3人で行います。3点取った人の勝ちです。マーカーでゴールを

2つ作り、そのゴールをドリブルで通過すると「1点」。(自分以外の)2人の間(ギャップ)を

ドリブルで抜けると「2点」。股抜き(相手の股の間にボールを通すこと)で「3点」。

もちろん股抜きで、一発勝ちを狙うのもいいですが、1点のゴールを狙うフリをして、

ギャップを狙う、またその逆、などなど。シンプルなルールだけに、色々な事が出来ると思います。

  
何かを学ぼうとするときは、真似から入るといいみたいです。まなぶ→まねぶ→まねる(語源辞典)

憧れの選手のプレースタイルはもちろん、歩き方、ちょっとしたテクニック。徹底して真似る。

自分の場合は1993年TOYOTAカップ(と呼ばれていた時代)のACミラン、対するサ

ンパウロFCのどちらにもいました・・・パパン、ドリバ、ラドチョウ、レオナルド、ドナドーニ、

マッサーロ、デサイー、トニーニョ・セレーゾ、カフー、快足ミューレル、バレージ。

ビデオが擦り切れるほどではないにしろ(大切にしていたので)、当時、試合の前は観てから

寝ました(テンション↑)。中学生だった、あの頃・・・サッカーばかりやっていた(今もか)。




ではまた
[PR]

by school_blog | 2010-05-11 09:47

<< おしりしりしり    瞬間 >>